スクリーンショット 2020-08-10 13.30.29.png

With Pets

小型犬専用歯ブラシ ワンシャカ

貴方の愛が愛犬の歯を守ります

奥歯は挟んで書き出すカーブブラシ・前歯はミニブラシでケア・お口キレイサッパリ!

奥歯は挟んで書き出すカーブブラシ・前歯はミニブラシでケア・お口キレイサッパリ!

歯垢除去、歯石沈着予防に最適のアイテム

ワンシャカは小型犬を対象とした日常の歯のお手入れに欠かせない犬専用歯ブラシです。 両端に大きさの異なる大小の歯ブラシが装備されていて、とても使いやすくなってます。 小さいブラシで前歯(犬歯から前の歯)を、大きい歯ブラシで奥歯を磨きます。毎日のハミガキが楽に出来るよう小さいペットの口の形に合ったデザインで口臭原因の歯垢除去、歯石沈着予防を第一に考えた歯ブラシです。先端がカーブしており、歯の外側に付着した歯垢と内側に付着した歯垢を同時に除去する事が出来ます。とても使いやすく小さなわんちゃんの歯の奥まで磨ける歯ブラシです。

犬の咬反射予防のクッション

歯牙咬頭頂部の清掃湾曲形態によりナイロンブラシの弾性を利用し、歯頚部(歯と歯肉の境目)の歯垢除去により歯石の沈着予防と歯肉炎の予防を促し口臭予防にも効果大

愛犬の歯の磨き方

子犬の場合、乳歯の時からなるべく早めに始めてください。 成犬の場合、歯石・歯垢がついていたらまず病院で歯石除去をしてもらいそれから歯磨きを始めるのがBESTです。歯石除去は不可能ですが、歯磨きを習慣化することにより歯垢沈着、歯肉炎、歯槽膿漏の予防歯石沈着予防は出来ます。 最初はほんの数分間愛犬の口にワンシャカを軽く当てる所から始めてください。決して無理はしない事。嫌がるようだったら歯ブラシに好物のミルク等をつけてあげると喜びます。数日してワンちゃんがこの事になれてきたら、片方の手で口を軽く開き優しく押さえ歯のホッペタ側とベロ側を一緒にブラッシングします。ブラッシングは歯肉と歯の境目を中心に前後運動で磨いてください。ホッペタ側の歯垢とベロ側の歯垢が一度に除去出来ます。この部分が最も歯垢の着きやすい所です。これに慣れてきたら磨く歯を少しずつ増やしていってください。今度は前歯をブラッシングします。この方法は鼻口の上に手を置き、指で唇をめくり、やさしく押入れ口をあけます。同時に開口を長続きさせるために頭を後方へやさしくしっかりと引っ張ります。そうして上下の歯の表側と裏側を小さい歯ブラシでブラッシングします。超小型のワンちゃんは小さいブラシを横向けにしてお使いになると使いやすいです。上手に歯磨きが出来たらごほうびをあげほめてあげてくださいね。

ワンシャカの歯垢除去の仕組みと効果

歯垢とは食べかすを養分として増えた細菌の塊です 歯肉炎が進み歯周炎になると歯の根本から膿が出るため口臭がひどくなります。歯と歯肉の間に歯周ポケットが作られここに膿が溜まります。又歯の根がゆるくなったり歯がグラグラする等の症状も出てきます。獣医師で歯石除去をする際には愛犬に全身麻酔というリスクが常に発生します。老犬の場合など歯石除去で緩んだ歯が抜けてしまう場合も少なくありません。毎日の歯ブラシで愛犬が何時までもおいしい食事が取れるように毎日歯ブラシをしてあげましょう。

ピンク・・・切歯   ブルー・・・犬歯   みどり・・・前臼歯   むらさき・・・後臼歯

歯垢は特に前臼歯から後臼歯に溜まりやすく、ワンシャカはカーブしているブラシの弾力で外側に付着した歯垢と内側に付着した歯垢を前後運動することにより、一度に除去することが出来ます。犬歯は小さいほうのブラシで丹念に歯垢を除去しましょう

歯磨きの要点

【回数】効果を上げるためには最低一日おきに歯磨きしましょう。 【場所】ワンちゃんが安心して出来るように同じ場所で行う方がより効果的です。 【時間】いつも同じ時間ライフサイクルの中で食後や寝る前とか遊んであげる前等にしましょう。 【道具】愛犬の口内はデリケートなので愛犬にあったもの、1匹に1本専用のワンシャカを用意しましょう。 複数のワンちゃんを飼っているご家庭ではきれいに歯ブラシを洗浄しても自分以外のワンちゃんの唾液の臭いはすぐに分りますので、色々な感染予防の上からも必ずワンちゃんの数だけ揃えて下さい。 歯磨き剤 人間の歯磨き剤は泡が立ったり、飲み込むと胃をいためる成分が含まれているものも数少なくありません。元来は人間と同じでブラッシングだけで十分効果は得られますが、歯磨き剤を御使用になる際は、ワンちゃんはうがいが出来ないので犬専用歯磨き剤をご使用ください。

歯肉炎、歯槽膿漏我にならず、老犬になってもきちんと食事が取れるように管理しましょう。

商品はこちらからご購入できます

© 2021 by YOSHIMI CREATIVE STUDIO